ねこと楽しく暮らすために・・・

 

1 屋内飼育で快適生活

「”閉じ込める”のは、かわいそう!」なんて思っていませんか?
ねこは、本来広範囲を動き回る動物ではありません。

屋外には、交通事故や喧嘩によるケガ、病気の感染などたくさんの危険が待ち受けています。

屋内飼育は、ねこにとって安全で快適な生活なのです。

2 不妊手術をしよう!

「”不妊手術”は、かわいそう!」なんて思っていませんか?
避妊・去勢手術は、ねこにとっても、飼い主にとってもたくさんのメリットがあります。

動物病院に相談し、早期に手術を受けましょう!

 不妊手術のメリット
  ① 発情期がなくなり安定した生活
  ② 性ホルモンに起因する病気の予防
  ③ 性ホルモンに起因する問題行動(マーキング等)
    の発生率低下
  ④ 繁殖制限


3 名札をつけよう!


 ”万が一”の時のために、自分の飼いねこであることが
 わかるよう、ねこには名札等をつけましょう!

 

もし、いなくなってしまったら・・・

  最寄りの動物愛護センター及び警察署に、すぐに
  連絡しましょう!  

 

動物愛護センターには無責任な飼い方を原因とするねこに対する苦情が多くよせられて います。

ねこと人が安全で快適な生活を送ることができるよう、他人に迷惑をかけること なく、終生愛情と責任を持って飼いましょう。

 

迷惑の防止

 センターには、「敷地内で糞や尿をする」、「庭木を荒らす」、「毛が洗濯物につく」等の 苦情・相談が多くよせられています。

飼い主は、周辺環境に応じた適切な飼養を行い、 他人に迷惑をかけないようにしましょう。

 

不妊手術・去勢手術

尼崎市動物愛護センターでは、1年間に約300匹の所有者の判明しない子ねこが引き取られ処分されています。

このような不幸をこれ以上繰り返さないためにも、子ねこが生まれても育てる ことができないのであれば、不妊手術、去勢手術を受けさせてください。

また、不妊手術、去勢手術には生殖器系の病気を減少させるメリットがあります。

 

迷子になったり、保護したときは

ねこが迷子になったり、保護したときは動物愛護センターまでご連絡ください。
こちらに情報が入ってくる場合があります。
また、迷子になって保護されていても飼い主がわからず帰れないねこもいます。
もしものことを考えて、連絡先等を記載した名札等を着けるようにしてください。

 

室内飼育のすすめ

屋外で飼育していると、他人の家の敷地に入り込んで排泄物等により迷惑をかけるおそれがあります。
交通事故やケンカによるケガ、伝染病の感染防止の観点からも屋内での飼育をおすすめします。

 

情報の発信元

尼崎市動物愛護センター(健康福祉局生活衛生課)

〒661-0047 兵庫県尼崎市西昆陽4丁目1番1号

電話番号   06-6434-2233

ファックス  06-6434-2293

リンクについて
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてくださって結構です。でも、でも・・・
ご連絡いただけると嬉しいです♪ バナーは↓を使ってくださいね

 

Coco幸特派員募集中
Coco幸特派員が地域に情報発信 地域の掲示板、お店にチラシを貼ってくださる方募集中。

 

「迷子札をプレゼントしませんか」 

会員限定企画!詳しくは「お知らせ」をご覧ください。