第1回作業部会

動物愛護寄付金の使途について集中的に議論を行うために設置された作業部会が2回行われました。
1回目・・・平成24年6月26日(火)

(使途の方向性について)
項目1.動物の愛護及び管理に係る普及啓発について
・地域住民を対象とした普及啓発活動の推進
・子供たちを対象とした教育活動の積極的な推進
・迷子札など所有者明示措置の重要性について飼い主の理解を深めるための取り組みの推進

項目2.殺処分数ゼロを目指して
・殺処分数等の具体的な数値目標の設定
・写真を含めた収容動物情報の積極的な発信
・繰り返し引取りを求める者に対する状況確認と必要な指導等の実施
・犬、その他の動物の終生飼養の徹底と譲渡頭数を増やすための取り組みの推進
・野良ねこの繁殖制限措置をさらに進めるための取り組みの推進

項目3.動物取扱業への規制等について
・監視指導計画にもとづく計画的な監視指導の実施
・販売時における購入者への事前説明の徹底を指導
・動物取扱責任者の資質を向上させるための取り組みの推進

項目4.ねこの問題について
・地域全体での解決に向けた取り組みへの支援
・野良ねこの引取り頭数の多い地域への働きかけ
・飼い猫の適正飼養の徹底
・TNR活動や地域ねこ活動など地域が主体となった取り組みの普及促進

項目5.協働の取り組みについて
・地域との連携と地域コミュニティーの活性化
・動物愛護推進員の委嘱と活動ボランティアとの連携
・協議会の設置と活動を行う個人団体が一体となった取り組みの展開
・新たな財源の確保と人材の育成等

これらの具体的な取り組みについて、様々な案が出されました。
野良ねこの不妊手術費用の一部助成(予算を増額)
野良ねこの去勢手術費用の一部助成
譲渡対象犬の健康管理を開業獣医師に委託する
トリミングでキレイにする
迷子フォルダーの無料配布
マイクロチップ埋込費用の一部助成
啓発物の作成、配布

これから見積もりを出し、話をつめていきます。

「殺処分」という言葉について、他に言い方はないかという意見もありました。
処分て、物みたいで、命あるものだから何かもっと他に表現できないかと。

第2回作業部会


 平成24年7月25日(水)、寄付金の使途について集中的に話しあう「作業部会」の2回目がありました。 寄付金の具体的な使途と経費について、センターが見積もりを出した。

① 啓発物を作成した場合
② 収容犬の健康診断を獣医師会に委託した場合
③ 収容犬のトリミングを動物取扱業者に依頼した場合
④ 野良ねこ不妊手術費用の一部助成の積み増し
⑤ 野良ねこ去勢手術費用の一部助成
⑥ 収容ねこの健康診断を獣医師会に委託した場合
⑦ 休日譲渡会を行った場合の経費
⑧ 迷子フォルダーを1万個購入したときの費用
⑨ 犬のマイクロチップ埋込費用を一部助成したときの費用
⑩ 飼いねこの不妊手術費用の一部助成を行った場合
⑪ ねこのマイクロチップ埋込費用を一部助成したときの費用

傍聴席から「ちょっと待った!」とツッコミいれたかったです

②の健康診断として、検査費用1件につき 10,000円
検査項目:一般内科検査、血液検査(フィラリア含)、ふん便、尿検査
③のトリミングは、カット・シャンプー 1件 6,000円
⑥のねこの健康診断も検査費用1件につき 10,000円
検査項目:一般内科検査、血液検査(エイズ・白血病含)、ふん便、尿検査


 「検査キッドの原価のみ」にはできないんでしょうか?
 収容犬・ねこで儲けるの?って思ったのは私だけかしら。
⑩の飼いねこの不妊手術費用の一部助成もどうなんでしょう?

飼い猫ですよ  
飼い主がやるべきだし、尼崎市小動物愛護推進協会で手術の助成もあります。

 何より驚いたのは⑦休日譲渡会を行った場合の経費です。
月に一度、休日譲渡会を開催した場合
 譲渡説明会(準備と後片付けを含め2時間)
 休日譲渡会で申し込まれた方の飼育環境調査
  (申込者への自宅への移動時間を含め2時間)
  @4,000円×4時間×2名×12ヶ月≒380,000円

これって、センター職員へのものですよね。
しかも時給4,000円。

寄付金は「野良猫の不妊手術費用の助成」や、「犬・ねこの適正飼養に係る普及啓発の取り組み」、「犬・ねこの殺処分数ゼロを目指すための取り組み」などに使うといって集められたものです 

上記のものは、とりあえず試算を出しただけだと言ってましたが、こんなものをよく出せたもんだと呆れました 

前回、「殺処分数」という言葉を別の言葉に置きかえられないかという意見があり、それについては・・・
致死処分数、人為的処置数、致死移動数、非継続飼育数、非生存数・・・
しかし、全国で1年間に合わせて20万匹以上の犬・ねこが殺処分されているという現実に目を背けないためにも「殺処分数」という言葉をあえて用いた方がよいのではないか。

これ、センターからの言葉です 

<他に出された案>
啓発物について
どこにでもあるようなパンフではなく、警察→センター→譲渡・殺処分と、しくみや流れの分かるものを作成したらどうか。

 賛成! 大賛成!
キレイごとを記したパンフはいりません。
犬・ねこがどのような道をたどるのかハッキリしたものを希望します 

第6回尼崎市動物愛護管理推進協議会

平成24年8月21日(火)に行われた協議会をリポートします 
この日は、2回の作業部会(寄付金の使途について)で決まったこと、動物愛護推進員についての話でした。

<寄付金の使途について>
・動物の愛護と適正な管理に係わる普及啓発に係わる取り組み
・収容動物の譲渡頭数を増やすための取り組み
・野良猫不妊手術費用一部助成の積み増し

今年度のあと2回の助成金(11月と2月)が補正、上乗せされるようです。

<動物愛護推進員について>
法令上の規定
「動物の愛護及び管理に関する法律」第38条

都道府県知事は、地域における犬、ねこ等の動物の愛護の推進に熱意と識見を有する者のうちから、動物愛護推進員を委嘱することができる。 
2  動物愛護推進員は、次に掲げる活動を行う。 
一  犬、ねこ等の動物の愛護と適正な飼養の重要性について住民の理解を深めること。 
二  住民に対し、その求めに応じて、犬、ねこ等の動物がみだりに繁殖することを防止するための生殖を不能にする手術その他の措置に関する必要な助言をすること。 
三  犬、ねこ等の動物の所有者に対し、その求めに応じて、これらの動物に適正な飼養を受ける機会を与えるために譲渡のあっせんその他必要な支援をすること。 
四  犬、ねこ等の動物の愛護と適正な飼養の推進のために国又は都道府県等が行う施策に必要な協力をすること。 

これを基に、センターが愛護推進員について考えてきてくれていました。

はい 
リポート、がんばります 

①位置づけ
動物への理解と知識の普及のため、地域の身近な相談役として住民の相談に応じたり、求めに応じて飼い方の助言をするなど、動物の愛護と適正な管理を推進するために積極的かつ自主的な活動を行うボランティア。

②委嘱等
ア、動物愛護推進員(以下「推進員」という)は公募とする。
イ、推進員は次のすべてを満たす者とする。
・尼崎市内に居住する20歳以上の者
・動物の愛護と適正な飼養の推進に熱意を有する者
・動物愛護管理法その他動物関連法令に反する行為等により行政から文書に
 よる指導、勧告又は命令を受けたことのない者
・推進員を解任されたことのない者

③委嘱期間
委嘱期間は2年間とする(ただし再任を妨げない)

④活動内容
「動物の愛護及び管理に関する法律」第38条の規定に基づく下記の活動
ア、動物の愛護と適正な飼養についての普及、啓発に関する活動
イ、犬・ねこ等の動物の繁殖制限措置に関する助言活動
ウ、犬・ねこ等の動物の終生飼養と譲渡に関する支援活動
エ、尼崎市が行う施策等の活動
(ア)行方不明となった飼い犬、飼いねこ等の捜索に関する協力
(イ)動物愛護センターに収容された犬・ねこ等の返還に関する協力
(ウ)動物愛護センターに収容された犬・ねこ等の譲渡に関する協力
(エ)野良猫不妊手術活動の推進に関する協力

⑤活動方法
ア、推進員からの提案に基づく活動
イ、市民からの依頼に基づく活動
ウ、行政からの依頼に基づく活動

⑥研修会
⑦解任
⑧報告
⑨報酬(支給なし

公募は市報やホームページにて行う予定。

ざっとこんな内容でした。

 内容そのものについてとやかく言うつもりはありませんが・・・何だかな~と思うところはあります。

傍聴した私が思ったこと・・・
「協議会」には色んな方が来られています。
名のある方など、忙しい方もいるでしょう。
そもそも、この協議会は「命」に関しての話し合いでしょう。
それぞれ考えや思いは違うので、意見の相違はあって当たり前だと思う。
でも、回を重ねる毎に人によって「意見」を意見として聞かない空気が漂ってきてるように思うのは私だけだろうか。
「協議会」なる話し合いに熟れた方達ばかりではありません。
時に話が脱線したり、違うことを言ったりすることもあるでしょう。
けれどここは「意見」を言う場ではないのか。
時間ギリギリまで、しっかりと話をするのが筋じゃないのかな。
この日は、早く終わらせて帰ろう~という空気がプンプンだったように感じた。
14時~16時までのはずが15時半に終わりました。

リンクについて
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてくださって結構です。でも、でも・・・
ご連絡いただけると嬉しいです♪ バナーは↓を使ってくださいね

 

Coco幸特派員募集中
Coco幸特派員が地域に情報発信 地域の掲示板、お店にチラシを貼ってくださる方募集中。

 

「迷子札をプレゼントしませんか」 

会員限定企画!詳しくは「お知らせ」をご覧ください。